諦めていた方も大丈夫!M字ハゲでもう悩まない!
全額返金保証は自信があるから。
詳しくは以下の画像をクリック!


m字ハゲでおでこの生え際が後退する仕組み

30代,M字ハゲ,改善

おでこの生え際が後退する仕組みは、おでこの生え際の頭皮の毛穴に活性男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが分泌されるためです。

 

m字ハゲによって、おでこの生え際が年齢を重ねる度に後退してきているというのは、AGAという男性型脱毛症の典型的な症状の一つです。

 

AGAには、他にもつむじを中心に全体的に髪の毛が薄くなってくる症状も代表的です。

 

AGAによりm字ハゲになる原因は、おでこの生え際の頭皮の毛穴に活性男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが分泌されるためです。

 

人間の身体の中には、男性としての機能を健康に保つためのテストステロンという男性ホルモンが常に分泌されていますが、年齢を重ねたり、過度なストレスに晒されたり、食事の栄養バランスが崩れたりすると、おでこの生え際の頭皮の毛穴に分泌されているテストステロンがU型5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変化してしまいます。

 

AGAによるm字ハゲをこれ以上進行させないようにするためには、U型5αリダクターゼの働きを抑える必要があります。

 

m字ハゲに対処する方法

U型5αリダクターゼの働きを抑えるためには、AGAなど薄毛の症状を専門的に診断するクリニックで診察を受けるのが良い方法です。

 

現在は、U型5αリダクターゼの働きを抑える効果がある内服薬がすでに開発されていて、それを薄毛専門のクリニックのお医者さんから処方してもらい、服用を続けるだけでも、半年以上服用を継続すれば、半数以上のm字ハゲに悩みを抱えている患者さんに何らかの発毛の効果を実感できる報告もあります。

 

人によっては、U型5αリダクターゼを抑制させる内服薬が効かない場合もありますが、薄毛専門のクリニックでは、発毛効果がある成分を直接頭皮に注射するメソセラピーという療法や、自分のまだ生えている後頭部や側頭部の髪の毛を植え込む自毛植毛手術を行っている場合もあります。

 

また、薄毛治療は発毛の効果を実感できるようになるまでには、時間がかかることが多いので、その期間中は食事の栄養バランスに気を配ったりする必要があります。

 

クリニックでの治療は費用が高い

病院に通うデメリットは、それなりに費用がかかってしまうことです。

 

M字ハゲの改善には長期的に病院に通わないといけないからです。

 

費用を安く抑えてM字ハゲの改善を目指すのなら育毛剤の使用をおすすめします。

 

 

30代でM字ハゲを改善した私が行うたった1つの方法 トップ