m字はげをごまかすことは良いことか?

m字はげ,ごまかす,髪型

M字ハゲを無理に隠そうとすると変な髪型になってしまうので、短めの潔い髪型を私はおすすめします。

 

日本人はm字はげに対してコンプレックスを抱きやすいのですが、だからといってごまかしてしまうと微妙なヘアスタイルになります。

 

ハゲてきたにもかかわらず髪の毛がたくさんあった頃と同じヘアスタイルにこだわっているとアンバランスが生じます。

 

それではm字はげにはどういう髪型が似合うのでしょうか?

 

ヨーロッパなどでは禿げ上がった部分を気にせずに短髪にする人が多いのですが、おでこの部分を露出して横分けにする人も数多くいます。

 

m字はげをごまかしてしまうと前髪部分が全くなく、サイドや後頭部に髪の毛がたくさんある髪型にならざるを得ません。

 

アンバランスになったヘアスタイルは周りの人に違和感を感じさせてしまって、よけいに薄毛が目立つ結果になります。

 

バランスの取れた髪型にするためには、サイドや後頭部もある程度短く整えて、頭頂部と前髪部分の髪を残すと全体的に均一な髪の量になります。

 

隠そうとすればするほど違和感のあるヘアースタイルになる傾向があります。

 

短髪にするのは良いこと?

ヘアスタイルはバランスが大切なので、m字はげになったら、全体を短髪にすると非常に見た目が良くなります。

 

薄毛になって一番恥ずかしいのは隠すことなので、ヘアスタイルの一部としてm字はげを利用してみるのも良いかもしれません。

 

どういう髪型でも基本的には構いませんが、はげている部分を隠すための髪型はよくありません。

 

コンプレックスを抱かずに正々堂々と薄い部分を利用したヘアスタイルが好感が持てます。

 

若い頃は髪の毛がフサフサしていたのに急に薄くなると誰でも不安になってコンプレックスを抱きます。

 

しかし現在の自分を受け入れなければ前に進むことはできません。

 

前に進むためには薄くなった部分を利用して、よりかっこいい自分になることが大切です。

 

薄くてもセンスの良いヘアデザインはたくさんあります。

 

カタログなどを参考にすれば自分に合ったものが見つかりやすくなります。

 

薄毛の自分を引き立たせるヘアースタイルを見つければ人生が変わります。

 

 

30代でM字ハゲを改善した私が行うたった1つの方法 トップ