諦めていた方も大丈夫!M字ハゲでもう悩まない!
全額返金保証は自信があるから。
詳しくは以下の画像をクリック!


30代でM字ハゲを改善した私が行うたった一つの方法

30代,M字ハゲ,改善

30代で生え際からハゲてきてしまい、すごくショックを受けている人はかなり多いのではないでしょうか。

 

実は私も30歳という若さでM字ハゲになってしまいとても悩んでいました。

 

悩んではいたけど祖父もハゲているし、父もハゲているので遺伝が原因、何をしても無駄なのかなと途方に暮れていました。

 

ただそうは言ってもこのまま何も対策をしなければ自分も父親のようなハゲ頭になる・・・そこは何とか避けたい、もしくは10年位先延ばしにしたい気持ちがあったので髪を生やす方法を色々試してみました。

 

その結果、私のM字ハゲは完全に復活しました!

 

最近私と知り合った人にはちょっと前までM字ハゲで悩んでいたんだよ、なんて言っても信じてもらえない位M字ハゲを改善することに成功しました。

 

私がM字ハゲを改善したアプローチを解説

このサイトでは私がM字ハゲだと気づいてからどのようにアプローチして改善したのかを解説しています。典型的な男性型の脳であるため、理論的に原因を追究して、こうなのではないかなと試行錯誤してきました。

 

もちろんこのアプローチが正しくて30代でM字ハゲから復活できたという証拠はありません。もしかしたら何もしなくても改善していたのかもしれません。

 

ただ何かしら効果がある方法があるのならやってみたいと考える方が多いと思うので、いいなと思ってもらえれば参考にしてみてください。

 

M字ハゲになる4つの要因

多くの人がM字ハゲになる要因として考えるのは、大きく分けて次の4つのような要因ではないでしょうか。

  1. 遺伝
  2. 睡眠時間
  3. 生活環境
  4. 栄養不足

 

ではこの4つの原因を個別に見ていきましょう。

 

M字ハゲと遺伝

はっきりと言ってしまえば遺伝はM字ハゲになる大きな要因だと思います。私が30代にしてM字ハゲになってしまった原因の多くは遺伝だと思います。

 

薄毛になる要因は様々な事が関係していて、遺伝による要因は4分の1位ではないかと言われています。

 

つまり遺伝的に薄毛になるDNAでも必ずしも薄毛になるとは限りません。

 

男の染色体はXYになるのですが、X染色体を母親から、Y染色体を父親から受け継いでいます。

 

テストステロンの分泌量にはほとんど個人差がないのですが、5αリダクターゼの分泌量には個人差があります。

 

5αリダクターゼはX染色体の一部であるため、母親からの遺伝の影響を受けます。

 

このため母方の祖父が薄毛だと、孫にも薄毛が遺伝しやすくなります。

 

しかしM字の要因が遺伝とわかったところで、今更どうにもならないですし、対策が出来ないのです・・・。ただ遺伝のせいにして髪を生やすのを諦めるのは時期尚早だと思います。

 

今回は遺伝という後天的にはどうにもならない部分を認めつつも、その壁にどう立ち向かっていくのかを詳細に解説していきます。

 

M字ハゲと睡眠時間

遺伝の因子は後天的にはどうにもならないという事は、みなさんもわかっていたことだと思います。そこで私がまず考えたのは睡眠時間の確保、もしくは睡眠の質の改善です。

 

髪の発毛に関しては寝ている時に一番伸びているそうなので、ゴールデンタイムと呼ばれる22時〜2時までの間の4時間をしっかり寝たいのですが、残念ながら私はあまり実行することができませんでした。私はというより日本のサラリーマンには厳しい時間だと思います・・・。

 

だけど出来るだけ睡眠時間を確保するように努力をするようにはしました。寝る前のダラダラ過ごす時間を睡眠にあてたり。

 

ただ結果論なのですが、M字ハゲが改善した今、また睡眠時間が少ない生活になってしまいましたが、髪が薄くなっていないので、M字ハゲと睡眠時間の関連性は少ないのではないかと思っていますし、実際にそういうデータもあります。(参照:AGA毛髪研究会「薄毛と睡眠の関連性」)

 

なのでM字ハゲになってしまった方が、突然睡眠時間を増やしても目に見えた改善は期待できないのです。

 

しかしこれとは反対に睡眠不足によって初めにダメージを受けるのは髪だという意見を本で読んだこともあります。

 

髪に関して言えば個人的には睡眠はあまり関係ないように感じますが、睡眠は人が健康的に生活するうえではとても重要なので、出来ればしっかりと睡眠時間を確保したいものです。

 

M字ハゲと生活環境

M字ハゲになることの一つの要因として生活環境の変化やストレスという意見もあり、一理あるなとは思うのですが、私の場合はこれには当てはまらないと思いました。

 

仮に生活環境のせいで禿げてしまったとしても、仕事を辞めることも出来ないし、家族と別れるなんて事も出来ないので生活環境も遺伝同様、私には変えることが難しいことでした。

 

ただ知り合いの中には仕事で物凄いプレッシャーを感じていてM字ハゲになってしまったけど、その仕事を辞めたことによってM字ハゲから復活したと言っている人もいました。

 

過度のストレスがかかると自律神経に大きな支障を与え、血管を収縮させてしまいます。

 

血管が収縮するとどうなるかというと、頭皮にまで血液が行き渡らなくなり、毛母細胞や毛根に十分な栄養が運ばれなくなり、髪の毛の成長が妨げられます。

 

ですので、何かストレスを感じていることがあり、生活環境を変えることによってM字ハゲの原因を取り除くことが出来るのなら、思い切って生活環境を変えてみるのも手だと思います。

 

M字ハゲと栄養不足

色々と若ハゲの原因を調べた中で私にドンピシャだなと感じたのが栄養不足でした。なぜかと言うと、実家を離れて生活するようになってからというもの、好きな肉料理ばかり食べてしまい、食事のバランスが乱れてしまっていました。

 

M字ハゲになる前兆として髪にパーマがかかったような状態になったのですが、その状態になったのが実家を出た年だったので、髪の元気がなくなったのと食生活が変わったのがドンピシャで私の中ではまりました。

 

食事で栄養バランスを整えるのはもちろん良いことですが、もっと早く結果が欲しかったので、体の外から栄養を取り入れる育毛剤の使用を始めました。

 

自分がハゲてきて初めて知ったのですが、育毛剤って効果の当たり外れが大きいです。合わない育毛剤を使い続けても一向に髪が元気になる気配はないですし、逆に自分に合う育毛剤は使い始めてすぐに効果が現れました。

 

そして興味深いことにネットでM字に良いと言われている育毛剤はやはり実際に効果があったし、悪く書かれている育毛剤はやっぱり私にも効果がわかりませんでした。

 

最初から効果の高い育毛剤を使っていれば、もっと早くM字ハゲを改善することができたのでしょうが、私は当たりの育毛剤に当たるまで何種類か使用するはめになってしまいました・・・。

 

このサイトを訪れたあなたにはそんな遠回りをして欲しくないので、私のおすすめのM字ハゲに効く育毛剤を紹介します。サプリメントも付いているので本当に髪が生えるまでの時間が早かったです。

 

 

30代,M字ハゲ,改善

 

 

良い育毛剤で30代M字ハゲを改善

髪が薄くなり始めて比較的早い段階で育毛剤を使用すれば、多くの人は改善するみたいです。ただ毛根が完全に死んでしまった頭皮にはいくら良い育毛剤をつけてももう手遅れだそうです・・・。

 

なのでM字ハゲになってきたなと感じてきたら、なるべく早急に育毛剤の使用を検討してみてください。

 

育毛剤は副作用の心配がないものもある

後述しますが、薬を服用した薄毛治療には副作用というものが生じます。薄毛改善用の薬に共通した副作用は男性機能の低下です。

 

ただ育毛剤には上記で紹介した育毛剤を始めとして、副作用の心配を全くする必要がないものがあります。なぜなら薬ではないからです。

 

 

30代であれば、早めの育毛剤の使用できっと何かしら髪に良い方向に状況が動くと思います。

 

下記に私が育毛剤の使用と同時に行っていたM字改善法をまとめておきますので、育毛剤の使用と併用してみてください。あくまでおまけ的に捉えてもらえればなと思います。

 

育毛剤の使用と同時に行っていた事

  • 頭皮マッサージ
  • ハゲている人は頭皮が固いという情報を得たので、育毛剤をつける時とか、朝起きた時、昼の休憩の時によく頭皮をマッサージしていました。特に生え際は入念にマッサージしていました。血行が良くなりリラックス効果もあるのでおすすめです。

     

  • リンパマッサージ
  • 良く女性が美容のためにやるものとして捉えていたのですが、リンパが滞っていると体の隅々に血流が行きわたらずに髪にも悪影響を与えると書いてあったので、何となくネットで情報収集して行っていました。余談ですが、お腹周りが痩せました(笑)

     

  • 軽い運動
  • これも頭部への血流を良くするために取り入れました。私の場合は軽くジョギングをするようになりました。ただ続かない気がするのでウォーキングが最適かなと思います。とにかく継続できる運動が良いと思います。軽い運動をすることで有酸素運動が出来ているので、体の細部に酸素を送ることができ、M字ハゲにも効果的です。

     

  • 揚げ物を控える
  • 食事に関しては育毛剤にサプリメントが付いていたのですが、なるべく早くM字ハゲから復活したかったのでいくつか注意しました。その中の一つが揚げ物を控えるということでした。正直効果のほどはわかりませんが、健康には間違いなく良いのでM字ハゲを克服した今も続けています。

     

  • 野菜を多く食べる
  • これも髪に良いという確証はなかったのですが、肉に傾いていたのでバランスをとるために野菜を多く食べるようにしていました。

     

  • 抜け毛を気にしない
  • ハゲてくるとどうしても抜け毛の本数が気になってくると思いますが、できる限り気にしないようにしていました。抜け毛を気にすると精神的に不安になってしまい、それがまた抜け毛の原因になるように思えてきたので、気にすることを止めました。

     

  • 薄毛を改善した人のサイトやブログをみる
  • 男性ホルモンの事について学者なのでは!?と疑いたくなる位詳しい方のサイトや、AGAについて書かれたサイトなど暇な時間に見てM字ハゲになってしまった原因を研究していました。

 

M字ハゲはAGAクリニックで改善できるの?

M字ハゲは典型的なAGA(男性型脱毛症)の症状なので、改善の期待はできますが確実に髪が生えてくるというわけではないです。

 

フィナステリドを含有したプロペシアや、ミノキシジルを含有したロゲインを服用するので、当然薬を飲まない時よりは発毛の期待はできます。

 

ただ忘れてはいけないのが、プロペシアやロゲインは薬だと言うことです。薬には副作用というものがあります。

 

薬名 効果 副作用
プロペシア

抜毛予防
薄毛改善

勃起不全
肝機能障害など

ロゲイン 発毛促進

頭痛
腹痛
性欲減退など

※後発医薬品(ゾロ)として、フィンペシア、エフペシア、フィナロ、ポラリス、カークランド、ヘッドウェイ、ロニテン等があります。

また薬の副作用以外のデメリットとして、

  • 使用を中止するとまた薄毛になるので継続的使用が望まれる
  • 保険が効かないので費用が高額になる

ことが挙げられます。

 

あくまでプロペシアの力で髪が育毛しているので、服用を中止したら元の状態に戻っていってしまいます。

 

ミノキシジルも同じで、血管を拡張させる作用がある薬なので、ミノキシジルの服用を中止すると、また血流が悪くなり薄毛に戻ってしまいます。

 

2015年からは新薬のザガーロもAGA治療薬として承認されました。

 

ザガーロの成分であるデュタステリドは、プロペシアよりも男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるのを抑制する効果があるとされています。

 

しかし薬である以上、副作用で勃起不全など男性機能の低下が起こります。

 

薬に頼った薄毛治療は、確実に生えてくるわけではないのに意外とデメリットが多いということを知ったうえで、AGAクリニックを検討してほしいです。